子どものCHIKARA輝いています~思考力検定無事に終わりました~

一昨日、思考力検定が終わりました。
「考える力」を育てる検定です。
今回は、大人は一切指示をしませんでした。子ども達で考え、挑んだ初のスタイル。

検定の日、私は子ども達に

「100点」

という言葉をかけました。
きょとんとしている子どもに
ちゃんと説明。

「今回は大人は、あれしろ、これしろ言いませんでした。自分達で何をしたらよいかしっかり考えていましたね。
(自分で弱点に気付き、付箋を貼り、質問をしたりしていました)

これは、ものすごいこと!!!
大変素晴らしい成長です!
だから、寺子屋は、その行動が100点満点だと思っています。

点数や合格は、検定の方が決めること。
だから、おもいっきりやってください!」
このような話をしました。

予定時間より早目に終わり、
満足げに帰宅した子どもたち。

子ども達をいつもサポートしてくださる方が、帰宅する子どもに偶然会ったそうです。誇らしげにキラキラ輝いている満足気な顔を見て、

何かいいことあったのかな?

と感じたそうです。検定で頑張った話を伝えると納得していました。

「小3の子が、一人で検定の勉強ができるわけがない」という私の固定概念を覆し、
「自信」という輝く宝物を自分の力で手に入れた子ども達。

結果として、点数が合格ラインに達しなかったとしても、
自分の力で手に入れた「点数」は何よりも誇らしいものだと、私は思います。
そして、自分の成長を助けてくれるヒントとなるでしょう。

子どものCHIKARA・・・
私の想像を簡単に越えていく。

楽しすぎ~♪

The following two tabs change content below.
よしはら ちぐさ

よしはら ちぐさ

元大手塾講師。自分自身がやりたいことをやり輝くために「ココロさんの寺子屋」を立ち上げる。「あったらいいな」を形にすべく地域の方々と共に奮闘中。