全面無料化した理由

CoCoLoの会は、2018年12月まで、不登校の子や勉強が苦手な子どもに向けた学習支援を料金をいただいておこなっていました。そして、2019年1月より、不登校支援および学習支援を無料で行う挑戦を始めました。

全面無料化に踏み切ったきっかけは、まず、子どもたちの周りに「自由にやりたいことができる環境」が「ない」と感じたところからでした。

一昔前ならば、野山や空き地にいけば、大人の目が届かずに思いっきり遊べたのかもしれません。それが現在では、どこへいっても「管理」されています。

それならば、「大人がやらせたいことをさせる」のではなく、「子どもたちがやりたいことを実現できる環境」をつくってみたいと考えました。

その際に障壁となったのが「お金のやりとりから生まれるある概念」でした。

お金をはらった時点で、子どもたちの中には「(お金をはらったのだから)勉強をしなければならない」という概念が生まれます。

そこへ意識がいくために、「いま自分が何に興味があるのか」がわかりにくくなってしまっていました。

それが、CoCoLoの会が目指す「子どもたちがやりたいことを実現できる環境」とは逆の方向だったため、全面無料化に踏み切りました。