ココロさんの寺子屋について

日々おだやかに過ごす

ココロさんの寺子屋(以下、寺子屋)は「日々おだやかに過ごす」ところからはじまります。そう聞いて「え???寺子屋って勉強するところじゃないの???おだやかに過ごすって???」と思われる方もいらっしゃると思います。ここではなぜそう考えるようになったのかをご説明させていただきます。

勉強を教えいてたときの違和感

もともと寺子屋は、放課後の小・中学生たちに勉強を教える活動をおこなっていました。そのころなぜ勉強を教えていたのかというと「子どもたち自身が勉強をできるようになりたいと思っている」寺子屋はそう考えていたからです。でも、子どもたちと向き合っていく中で、その考えに違和感を感じるようになりました。

悶々とした日々「どこから教えなきゃいけないの?」

勉強を教えていく中で、もし本当に「子どもたち自身が勉強をできるようになりたいと思っている」のなら「できるようになるまで自分から繰り返し練習したり」「少し難しい問題に自分からチャレンジしたり」「わからないところを自分から質問してきたり」という行動がもっと出てきてもいいんじゃないか。寺子屋は悶々と考えていました。もしかしたら「繰り返し練習する」ことや「自分からチャレンジする」「わからないことを質問をする」ことをこの子たちは知らないのかもしれない。だとしたら、そこから教えなきゃいけないんじゃないかとも考えていました。でもその考えは間違っていることがわかりました。

子どもたちから教えてもらったこと

もし子どもたちが「繰り返し練習する」ことや「自分からチャレンジする」「わからないことを質問をする」ことを本当に知らないのなら、「勉強」以外の場面でも同じような状況になっているはずです。でも、実際は違いました。子どもたちを見ていると、そのような行動を自然にやっている時がありました。どんな時かというと「誰から何も言われず」「やらねばならないプレッシャーがなく」「心の向くままに過ごしているとき」つまり「遊んでいるとき」でした。彼らは誰から教えられたわけでもなく、それらの行動を自然とおこなっていたのです。

「ないものを与える」から「あるものを生かす」教育へ

寺子屋は、子どもたちはもともと大切なものを持って生まれてきているということを、彼らから教えてもらいました。彼らの心の中で日々芽生えている繊細な心の動き。彼ら自身がその動きに気付くことができますように。そしてやっと出てきた芽を大切に育てていけますように。そのような想いから、寺子屋は「日々おだやかに過ごす」ところからはじまるようになりました。

寺子屋利用規約 ~寺子屋で過ごすときの注意事項~

1. ココロさんの寺子屋では、待っていれば何か出てくることを期待していても、何も出てきませんのでご注意ください。

※あなたの「やりたい!」はあなたにしかわからない、と寺子屋は考えています。
※あなたにとって「いま必要なこと」もあなたにしかわからない、と寺子屋は考えています。
※寺子屋は、あなたの「やりたい!」や「いま必要なこと」をあなたと一緒に考えることはできます。
※「ただのんびり過ごしたい」も「やりたい!」のうちのひとつです。
※基本、何もない部屋と思っていらしてください。
※遊び道具や学習道具、その他面白いものを持ち込むのは大歓迎です。
※寺子屋はあなたの「やりたい!」を全力で応援します。

内容など

  • 小学生のeスポーツから高校生の大学受験まで
  • 子どもの興味に寄りそう全力応援
  • 異年齢交流、大家族空間
日時

木曜日 10時~15時

その他の日については、コロナ対策のため変則的におこなっています。
詳細はお問い合わせください。(2020年8月現在)

参加費

無料

お問い合わせ先

代表:吉原 千草

TEL:090-3816-6780

MAIL:cocolonokai@gmail.com