子どもクイズが教えてくれる学びの本質

トモイクDAY

昨日行われたトモイクday。
個人的に大笑いしてしまった
ある子のセリフ。

「チクチクするものな~んだ?」

これは、
クイズコーナーから
聞こえたセリフ。

トモイクdayは、
大人と子どもが
真剣に遊び学ぶ日。

卓球していたり、
オセロしていたり、
トランプしていたり・・・

子ども達はガチャを引いてお菓子をゲットしたいので、大人との対戦に夢中になり、ガチャを引くために必要な

「ココロさん」カード

を集めています。

さて、
話を戻すと、
前回からクイズコーナーが誕生し、
子ども達も出題者となって、
楽しんでおります。

そんな中、
ある小3男子がクイズを出したくて
一生懸命考えて出題していました。

「チクチクするものな~んだ?」

の質問に解答者の子ども達からいろいろ答えが出ていました。

いろいろ出ているけど
正解じゃないみたい・・・

しばらくすると、

「正解は・・・ウニで~す!」と。
私は心の中で大笑い!!!

チクチクするものは、山ほどあるけど
正解は「ウニ」

でも、
周りの子ども達から
批判の声はなく、
何事もなかったように盛り上がって進みます。

「クリスマスにもらうものはな~んだ?」
「プレゼント」
「正解です!」

こんな声も聞こえてきました。

これも笑えました。

これは、
純粋な空間でしか
成立しないクイズタイム。

正解を変えようとすれば、
変えることができるので、
少しでも悪意があれば、
楽しくない状況も起きるかもしれません。

「どうくつの中にあるものな~んだ?」

「くつ!」→「ちがいます」
「こうもり」→「ちがいます」
「ぞう」→「ちがいます」
(ぞうって(爆笑)!!!!by吉原)

「正解は・・・あなです」

これも、
若干意味がわかりません。

こんな可愛らしい空間にT氏がポツリ。

「ちゃんとしたい大人がいたら、何か指摘しちゃうかもな〜」

たしかに・・・

私は、子ども達の
意味が分からないこと
わけがわからないこと
が大好きです。

おかしくて、楽しいから♪♪♪

でも、高学年になればなるほど、
いつの間にか、

「それって、何の意味があるの?」
「それって、何の役に立つの?」

という視点で
子ども達を見てしまうことが多くなっていく気がします。

でも、本当に大切なことって
「ただ、楽しい」
という所から始まる気がするのです。

ノーベル生理学・医学賞を受賞された本庶さんの話題がニュースにあり、
基礎研究の大切さが指摘されていました。

まさに、基礎研究は、
無目的な

「楽しいからやってみよう!」
の世界。

子ども達から、教えてもらう深〜いことはたくさんあります。

トモイクday。
やっぱり、楽しい♪♪♪
地域の方々に感謝、感謝。

【おわび】
おにぎりが足りなくなってしまってごめんなさい。

次は、もっと作っておきますね。
それだけ、大賑わいな最近のトモイクです。

Sayuri’sのさゆりさんが可愛いおにぎり旗を作ってくださいました。

この旗がある時は、
おにぎりがありますよー🤗
すっごく可愛い💕

The following two tabs change content below.
よしはら ちぐさ

よしはら ちぐさ

元大手塾講師。自分自身がやりたいことをやり輝くために「ココロさんの寺子屋」を立ち上げる。「あったらいいな」を形にすべく地域の方々と共に奮闘中。

コメント