教育とお金について〜寺子屋授業料廃止へのチャレンジ

ココロさんの寺子屋


私が塾の講師をしていた頃、
イヤイヤ来ている感じの子がいた。

ご両親にお金を払ってもらって当然なのかな?
感謝はないのかな?
と少し違和感があった。

だから、10年前、
寺子屋を立ち上げた時には、
銀行引き落としではなく、
お月謝袋を作った。

お月謝袋を返す時には
「お家の方に感謝だね」
と言いながら
お金を出してもらうのは当たり前じゃなく、感謝の心を育てたいと思った。

でも、最近は、
逆に寺子屋に授業料を払うことで

「お金を払っているんだから”ちゃんと”勉強しないといけない」

という子ども達の
「ほんのちょっとの気遣い」
が、どうしても気になった。

お金がないから参加できない。
そんな子もいる。

もっと、ナチュラルに
「学びたい!」
を育ててみたいと思った。
お互いフラットの状態で・・・

そんなわけで、
授業料を無料
にすることにした。

12月から1ヶ月間、
試験的に始めてみた結果、
一番のびのびできたのは・・・

私だった!!!

心の中に、
ほんのちょっぴり存在していた

点数を上げなければ!
教え込まなければ!

という、
「ねばならない」
からの解放。

ほんのすこしの「ねばならない」
を手放すことで、
子ども達を軽やかな気持ちで、
見ることができた。

寺子屋を全て無料にしてやってみたい!
そんなこと、できるのだろうか・・・

でも、
やってみたい!

The following two tabs change content below.
よしはら ちぐさ

よしはら ちぐさ

元大手塾講師。自分自身がやりたいことをやり輝くために「ココロさんの寺子屋」を立ち上げる。「あったらいいな」を形にすべく地域の方々と共に奮闘中。

コメント