おもてなしの心、無限大 〜お披露目会準備編〜

Diary

「おもてなしの心、無限大
〜お披露目会準備編〜」

10月10日(祝月)、CoCoLoの会は、新しい拠点でのお披露目会を開催させて頂きました。

準備段階から、長年応援してきてくださった方々や、地域の方々に大変お世話になりました。

奇跡、ドラマの連続で、
準備期間からずっと感動の涙を流していた気がしますので・・・

早速、
一つずつ丁寧に
ご報告していきたいと思います。

まずは、子ども達の様子から・・・

前日の準備、
お母様方のお力をお借りしながら
準備をいたしました。

子ども達は、
来てくださる方への

お土産を作ったり
看板を作ったり
下駄箱の肌触りを整えたり

それぞれの
「おもてなしの心」
で楽しんでいました。

「誰かのため」
なんだけど、
「誰より自分が楽しんじゃう!」

というのが、
CoCoLoの会のスピリット*\(^o^)/*

「〇〇しなさい」
「〇〇しなければならない」

がない空間。

人は誰もが
「誰かの役に立ちたい」
という遺伝子を持っている。

特に子ども達は、
その心が無限大。
しかも、
ピュアでキラキラしている。

「お客様達、
どうしたら喜ぶかなぁ?」

「あ!それ絶対喜ぶね!」

そんな言葉をかけるだけで、
子ども達は、自分達の想像力を勝手に広げていたような気がします。

子ども達は、
「これ、喜んでくれるかなぁ?」
「これ、驚くよね!」

と、
一つ一つを自慢げに報告しにきます。

私の心も
あったかくなります。

そして、
手作りのお土産は、
クッキーと共にくす玉の中へ

くす玉のクッキーと
会場の可愛い飾りクッキーは、
ひーちゃんママの手作りだったんですよ!

いつも、愛情いっぱいのひーちゃんママ。本当にありがとうございました。

くす玉は、
伊藤先生の手作りでした。
ゼロから全て手づくり!

子ども達がいない時間にも来てくださり、丁寧に仕上げてくださる姿に感動いたしました。

多くの方々の想いを頂きながら、
感謝と共にお披露目会当日へと
時計の針は進んでいきました。

いよいよ当日。
子ども達は、それぞれが、
いつもとは違う
オシャレという名の「おもてなしの心」で元気に集まってくれました。

この続きは
「お披露目会当日編」
にて。

東さんのブログでは、
1日の様子がわかりやすく紹介されています(*^_^*)

http://zushi.life/cocolokai/

The following two tabs change content below.
よしはら ちぐさ

よしはら ちぐさ

元大手塾講師。自分自身がやりたいことをやり輝くために「ココロさんの寺子屋」を立ち上げる。「あったらいいな」を形にすべく地域の方々と共に奮闘中。

コメント