横浜野菜が届けてくれた奇跡

Diary

昨日やってきた横浜野菜のラディッシュちゃんがある奇跡を起こしてくれました。

クール宅急便で送ってくださったので、
クロネコヤマトの配送センターに直接取りに行くことにいたしました。

受け取る際に、
「英語の先生ですよね?」
と若い女性。

びっくりしている私に
「●●塾の先生でしたよね?」
と!

20年以上前の教え子だったんです!
鬼の吉原と言われていた時代(笑)

確か、男子ばかりのヤンチャクラスの英語を担当していた時、女の子が1人いました。彼女が少しでも居心地が良くなるように工夫していたような記憶があります。

英語の授業をやらずに
数学の授業ばっかりやっていた気も・・・

「いいか!今、英語をやるより、
数学の方が確実に点数がとれる!」
と叫んで数学の因数分解をやっていましたね、確か。

そのクラスで、奇跡が起きました。
数学の成績が1とか2だった子達が80点台を取ったのです✨

しかしこの感動の瞬間、
私は病室にいました。
テストギリギリまでスパルタ授業を行い、
手術のため入院しました。

テストの結果に喜んだ彼らは、
塾に来るとすぐに塾長先生にテストの答案を見せたそうです。嬉しくて☺️
私は、病院でその報告を聞いて涙を流していました。

なーんて😁
昔の話を思い出すきっかけをくれた
横浜野菜✨

また、配達センターに取りに行こう♬
教え子のKちゃんに会いに行こう💕

奇跡を生む横浜野菜✨

コメント