命の授業~捕らえたイワシをその場で頂く

課外活動

 

 

 

 

今日は、るり先生の命の授業をCoCoLoの会で体験いたしました。

残念ながら、数日前までキラキラしていたイワシの群れは、残念な姿に変わっていました。

でも、子ども達はなんとかイワシを探し、捕獲していました。

「イワシって怖い思いをすると、
自分で鱗をはがしちゃうんだよ。

鱗がはがれると、
どうなっちゃう?

そう。
死んじゃうんだよ。

イワシは漢字でどう書く?

そう。
イワシは弱い魚。
だから、
魚へんに弱いって書くんだよ」

そう話ながら、
イワシを子ども達の前で素手でシメました。

その肉を海水で洗い、その場で頂きました。

何人かの子どもは先生に続きました。

目の前で命を奪うことに耐えられずその場を離れる子もいました。

るり先生は、狩猟もされますが、
養殖ではなく、自然界の命を頂く場合、
ほんの少しの量の肉でもお腹が満たされると話されていました。

命の持つ見えない力には、
不思議さがあるとのことでした。

会話や、振る舞いから子ども達に色々なメッセージをくださる、るり先生に心から感謝いたします。

よしはら

 

The following two tabs change content below.
よしはら ちぐさ

よしはら ちぐさ

元大手塾講師。自分自身がやりたいことをやり輝くために「ココロさんの寺子屋」を立ち上げる。「あったらいいな」を形にすべく地域の方々と共に奮闘中。

コメント