仲間がいたから頑張れた! 〜英文法de大感動〜

ジュースとたくさんのお菓子を前にして、子ども達の顔は笑顔でいっぱい。

もちろんお菓子は嬉しい。
でも、
何より
目標を達成した自信に
満ち溢れているのです🤗

「1人だったらここまでできた?」
というT氏の質問に

「無理!無理!無理ー!!!」
「途中で諦めていたと思う」
と、子ども達。

「だって英語大嫌いだし!」

確かにそうね・・・😓

このミッションは、
英語好きが集まったわけではなく、

単語練習をしたこともない子もいる中で始まった、

英文法サバイバル!

「仲間がいたから頑張れた〜」
「また、みんなでやりたい!」

そう!
もし、自分が諦めたら、
チーム解散となり、
次のステージへは進めない・・・

仲間の必死の姿を見て、
自分だけやらない訳にはいかない。

クリアできたご褒美に用意した
打ち上げ用のお菓子。

あれだけあったお菓子が
キレイになくなり、
子ども達は、
笑顔いっぱいに帰って行きました。

感想には、
達成した喜びが書かれていました。
自分なりに感じた改善点も
しっかりと。

学生時代の
「頑張る経験」
がいかに大切か!

大人になってからでは
難しいこともある。

全力でやりきった人にしか
見えない景色・・・

子ども達には、
たくさん見てほしい。

「英文法」を通しての
限界突破の感動体験😭

私はあまり聞いたことがないかな・・・
T氏、
さすがです!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする