いつもと「ちがう」楽しさ

今日の「なぜ育」は、新たな場所を探検。子どもが教えてくれる秘密基地に、
私もわくわく&どきどき。

最近、寺子屋の小学生は、
コケに敏感。
教室では、色々なコケが栽培されています。

N君は、「なぜ育」には初参加。

「コケって一種類かと思っていた」
「いろんな種類があるんだねー」

この発言は、かなり深い。

大人が「当たり前」と思うことでも、
子どもにとってはちがう。

これからは、
コケを見る目が変わるはず。
現に私も、
教室にはまだないコケを見ると気にせずにはいられない。

色々な「気になるもの」を拾い、
教室へ。

感動したコケを胸に
アートで表現したり、
顕微鏡でみたり。

「記憶」は、
感動や興味にピッタリくっつくもの。

なんでだろう?
って大事ですね、改めて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする