わくわくお宝大調査

ある曜日のクラスでは、
今「ごみ」に夢中。

ある会話から、「ごみ調査しよう!」
ということになり、
近所のゴミを拾うことになりました。

あくまで「調査」
(ゴミ拾いではありません)

子ども達は、宝探し状態。
汚いゴミを見つけると大喜び。

「汚い度・・・5!」
「レア度・・・3!」
と評価を楽しそうにつけていました。

落ち葉を掘り返し、
ゴミ(お宝ですね)
を探しまくる子ども達。

タバコの吸い殻が圧倒的に多かったです。
ゴミは持ち帰り分類して調査。

はかりを使って重さを量ったりしました。
また、グラムをキロにしてみたり。

次の週。
もう忘れているかと思いきや、
「今日も、ごみ調査をやろう!」
「どのぐらい変わっているか調べてみよう!」
と嬉しそう。

変化を比べたがるなんて、
すごい!
(小2男子が言い出しました)

みんなで予想を立ててから
同じルートを調査してみると・・・

道がとっても綺麗!
子ども達は残念そう(笑)

でも、
今度、あっちもやってみよう!
と、意欲満々。

こんなに自主的で
輝いている姿を見るのは初めてかな。
しかも、
算数の勉強も取り入れながら。

春休みは、何に興味を持つかな?

大切なのは、
「何だろう?」
「何でだろう?」
と興味を持つこと。

自分から興味を持って調べたことは、
忘れません。
忘れない知識を
たくさん見につけて欲しい。

だから、
大切にしたい「なぜ育」です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページ「いいね!」
わくわくお宝大調査
この記事をお届けした
CoCoLoの会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る