子ども達の昼間の過ごし方〜子ども達が、自分でえらぶ!〜

こんにちは。CoCoLoの会の吉原です。

9月1日・・・
「防災の日」というイメージが強いでしょうか?

この日は、
夏休みが明け、学校が始まる・・・
そのプレッシャーを感じる子どもが特に多い日でもあるのです・・・

CoCoLoの会は、
様々な方々のお力をお借りしながら、フリースクール・ここだねの深沢さん(なおちゃん)と一緒に、

子ども達に昼間過ごす場所を自由に選んで欲しいという想いから

「子ども達のための
平日昼間の居場所&学び場まっぷ」

を作成いたしました。

これは、
夏休み前に、逗子市内の公立小学校、中学校の全校生徒に配布されました。

逗子市内の公共施設、

市役所
市民交流センター
小坪コミュニティセンター
沼間コミュニティセンター
逗子アリーナ
体験学習施設スマイル

に置いてあります。

ある社会人の方は、

「僕が子どもの頃にあったらよかったのに」

と笑いながらおっしゃっていました。

そのお気持ち、わかります。
でも、
先輩方が発信し続けてくださったからこそ、
今、社会が子ども達のことをきちんと理解する動きになってきているのだと思います。

様々な先輩方の想いと共に、
CoCoLoの会は、
新しい昼間の時間を作り出すことにいたしました。

居場所だけでなく、
学習に加えた、
ソーシャルスキルも育む空間。

20年以上スクールカウンセラーをしてきた方々をスタッフにお迎えし、今、準備をしています。

プレオープンは、
9月7日(木)
10時〜12時です。

昼間の居場所は、
子ども達が
自分でえらぶ!

家にいることをえらぶ。

どこかへいってみることをえらぶ。

学校に行くことをえらぶ。

子ども達、
ひとりひとりが
「今はやすむ」
という選択も含め、
しっかり自分で選べるようなサポートをしていってあげたいです。

昨日は、様々な大人の方々が、
子ども達の未来を願っていましたね
♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページ「いいね!」
子ども達の昼間の過ごし方〜子ども達が、自分でえらぶ!〜
この記事をお届けした
CoCoLoの会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る