子どもサンタ屋台 〜自分達で作るプチ会社!?〜

17日(土)・18日(日)に東逗子のふれあい広場で行われたクリスマスイベント。

CoCoLoの会の子ども達も子どもサンタとしてお手伝いしました。

クリスマスなので、スーパーボールすくいは無料で行いました。景品もあり!

「景品はこれ。ルールとかあとは自分達で考えてね〜」

それだけ伝えて、
私は遠目から見守ります。
この一言だけで十分なんです。

子ども達は自分達でルールを決め、役割分担も決め、イキイキと輝いていました。

スーパーボールすくいが満員御礼になると、余った景品を実演販売。
これは、予想外!

しかも、人が多く集まっている場所に商品を運んでいきました。

あっという間に、商品はなくなり、
子ども達は大満足。

アナウンスが得意な子
計算が得意な子

自然に役割分担ができていて、
小さな会社みたいでした。

子ども達は、
自分達で考え、行動し、
達成感で満ち溢れていました。

学校やご家庭では見られない姿に、喜びのお声をくださる保護者の方々も(*^_^*)

ありのままの自分でいられる空間。
安心して過ごせる仲間。
自分の居場所がある幸せ。

私の心も
暖かくなりました。

東逗子のイベントは、お手伝いとは言っていますが、
子ども達に学びと成長を頂いている貴重な、貴重な、場所なんです。

逆に、いつも感謝でいっぱいです。
本当に・・・

ボスのH氏は、
子ども達に自由な発想と行動の場をいつも与えてくださいます。

「チャンと」しなくちゃダメ
「キチンと」しなさい

は一切ありません。

「楽しみなさい」
と言ってくださるH氏。

でも、大切なことは、ビシッと言ってくださいます。

CoCoLoの会の設立時からある、
「地域で子ども達を育てる」
という目標。

H氏のおかげで、
小さなステップですが着実に前進しています。

逗子って、本当に素敵なところ。

子ども達を暖かくサポートしてくださる地域の方々に、
心から感謝申し上げます(*^ω^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページ「いいね!」
子どもサンタ屋台 〜自分達で作るプチ会社!?〜
この記事をお届けした
CoCoLoの会の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!